止み間

こんばんは。
私の住んでいる地域は今、本当に久しぶりの雨の心配もなく非常に心地いい風が吹いています。
このブログの運営作業も心地よくいきたいですね😄
スポンサーサイト



スイカもノーマークだった

20200714171029003.jpg
こんばんは。
最近のコロナ騒動の自粛生活で自宅時間が増えて、過去に印象に残った書籍や映像や音源を楽しもうとしていましたが、何の運命かこのブログを始めることになり、逆に楽しめる時間が減ってしまい、更に言えば食事を楽しむ時間も減ってしまい、過去の記事でも前述しましたが、食事の時間がガソリンの給油タイムみたいに素早く済ませてコレはダメな傾向ですね😔最近はその中でも果物をゆっくり楽しんでいないですね😖この時期なんでせっかくならスイカをゆっくり楽しんで食べたい心境なんですが、思えば将来のことなんか何一つ考えず、ただその時のスイカを一心不乱に食べていた子供の頃ってある意味無敵でしたね😅
というわけで今回はスイカのお話です。

スイカは果肉の約95%が水分(果汁)で、このうちのたった4~6%が糖分で、甘いから太ると思われがちですが、たくさん食べ過ぎなければ問題ない糖質量ではないでしょうか。
その中でも「リコペン」。スイカにはリコペンが多く含まれています。リコペンは活性酸素を除去する力が強い抗酸化力が大きく、朝一番体に取り込みやすいのです。動物実験で、体脂肪の燃焼🔥を助ける効果があることもわかっています。

まぁ私は確かに現在は積極的に自らスイカを買って食べることはまれになりましたが、例えば仕事の休憩時間などで夏場はよくスイカが振る舞われますが、全然食べない方も数名はいらっしゃいますので、その方々の分も私が取って食べたりしますので、たくさん食べ過ぎなければという部分がどれぐらいなのか気をつけなければですね😁

(引用元)日刊ゲンダイ7月10日11ページ
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/275104


ダイエットランキング

コツが掴めた?

こんにちは。
ブログの記事を書くコツが掴めそうで掴みきれないですね😖

じめじめ

おはようございます。
相変わらずじめじめした日が続きそうな気配ですが、このブログは湿っぽい内容にならないようにケアしていきます😁

ノーマークだった寒天

20200713175034b2f.jpg


こんばんは。
最近ダイエットについて研究してみると、寒天もダイエットによいという資料を見つけました。
私はあまり好き嫌いが少ないタイプでほとんど何でも食べられる方ですが、寒天を積極的に食べたような記憶はありません。でも実は隠し味的な使われ方もされているメニューも多くて知らないところで摂取しているかもですね😅
というわけで今回は寒天ダイエットのメリットについて簡単にご紹介します。

①寒天はノンカロリー、腹持ちが良く満腹感が持続
寒天の最大のメリットはノンカロリーでどんなに寒天を摂っても食べ過ぎ肥満になる心配がないということです。
あとは脂肪の燃焼を助けてくれたり、1グラムで100ccの水を固めてしまう力があり、水分を含んだ寒天は、胃や腸の中でもゲル化された状態のまま長く留まり、移動していき、それだけに寒天は非常に腹持ちが良く、長時間空腹を忘れさせてくれます。
②便通に効く寒天
ダイエットの大敵は便秘であることはよく知られています。便秘改善には食物繊維と水分の摂取が必須でその点で寒天は100グラム中に含まれる食物繊維は81グラムも!さらに寒天が包み込んで水分は便を柔らかくし、カサを増して便通を改善していくように働きかけます。
③リーズナブルで長く続けられる
ダイエットで大切なことは、続けることです。しかしながら長期続けるにはコストが気になります。そこで寒天ですが、1日10グラム程度摂ったとしても100円程度。徳用の1キログラム入りを買えば50円以下ですから経済的にも優れています。

こう調べていくと私は便秘の経験はありませんが、面倒くさがり屋の私の言い方をすれば惰性で😁、一般的な言い方をすれば無理なく自然体で続けられそうですね👍️
(参考文献)「寒天スピードダイエット」カンテン研究会

ダイエットランキング

プロフィール

JZ

Author:JZ
はじめまして。
私はダイエット初心者、ブログ初心者です。
何卒お手柔らかによろしくお願いします。
皆様で知恵を出しあってダイエットしていけたらと思います。
私は面倒くさがり屋ですので、ダイエットが思い付かない時は何でもありです。
記事がうまく書けないのでぼやき多数。たまにヤケクソ。
オススメダイエット↓↓↓
http://web-beauty-diet.net/ec-sp/?c=ha07%E3%80%91

月別アーカイブ

最近の記事+コメント

最近の記事+コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR